ZEROFIT ゼロフィット

running style

クルーネックスリーブレス

スリーブレスが作る理想的なラン姿勢

スリーブレスが作る理想的なラン姿勢

スリーブレスタイプに備わった着圧がランニングに一番重要な姿勢をサポート。
背筋と腰を伸ばすことで、理想的な体重移動を実現します。
肺もしっかり広がるので、より酸素を取り込むことができます。
また段階的着圧が血液循環を促進。疲労軽減にも効果を発揮します。

リラックスフィット

スリーブレスが作る理想的なラン姿勢

リラックスフィットでエネルギー効率UP

身体が作り出すエネルギーの内、運動のために使われるのは20%。 80%は体温をコントロールするために使われます。
ランナーにとって体温調整は、単に快・不快といった問題でなく、 エネルギーをいかに持久力として確保できるかという本質に関わる問題です。
リラックスフィットなら効率的に体温調節が可能になります。

zerofit with runner

  • トレイルランナー宮地藤雄トレイルランナー
    宮地藤雄
  • トレイルランナー宮地藤雄ラート
    吉田望

zerofit with runner

スリーブレスで上体が安定

スリーブレスコンプレッションタイプはやはり1番感じることは『サポート力』。 夏場は気温が暑いからどうしてもゆったりとした風が抜けやすウェアを着用しがちになるので、 ゼロフィットを着用することで、背筋が伸びた感覚で上体がキュッと安定するところがイイですね。

リラックスは『風通し』の良さ

リラックスフィットに関しては見た目の通りメッシュの透け感が高いのですが、 実際に使ってみても『風通し』の良さを感じました。 また、こちらのタイプはゆったりとした着用感なので、密着度が高いタイプでは体型が出てしまいますが、 そんな心配もないためすごくオススメです。

2枚重ねで通気性が強調

さらに斬新な感覚なのが、『スリーブレスコンプレッションとリラックスフィットの2枚重ね』。 2枚重ねるといくら通気性が高いといっても暑いのかなぁと思いました。 しかし着てみると、アンダーウェアのサポートも感じることができ、コンプレッションの良いところだけを残しています。 リラックスフィットはゆったりとしていて風通しが良く、メッシュ構造で通気性が高いため、 むしろ2枚着用した方が通気性が強調される感じがしました。 また、日本では露出やすける様な服装はあまり多くありませんが、重ねることで透ける事もないため、 僕の中でもこの重ね着は面白いし、すごく良い組み合わせだと思います。

↑ランナー一覧へ戻る

トレイルランナー宮地藤雄

zerofit with runner

柔らかな肌触り

とっても軽くて、柔らかい肌触りで動きやすく、適度な着圧も気持ち良いです。
堅めの素材のものだと首筋などが擦れていたくなってしまうのですが、このゼロフィットはそんなことがないくらい柔らかいので、敏感肌の人にも気に入ってきてもらえると思います。
また、全体がメッシュ構造になっているので風が通り抜けるのをすごく感じるので、着ていて気持ちがいいです。
特に、着用している限定カラーはクルーネックなので首のまわりもすっきりしていて、お気に入りになりそうです。

↑ランナー一覧へ戻る

ラート吉田望