ZEROFIT ゼロフィット

ニュース

アメリカ高校テニスの名門校の公式ユニフォームにゼロフィット採用

ペニンシュラハイスクール

アメリカのテニスの名門校ペニンシュラハイスクールの女子テニスチームの公式ユニフォームにゼロフィットが採用されました。きっかけは、チーム在籍のアメリカ高校No.1プレイヤーのゼロフィット愛用。2015年9月よりゼロフィット製公式ユニフォームに一斉の切り替わりシーズンをスタートしました。このニュースは地元カリフォルニアでも話題になり新聞にも大きく取り上げられました。

ペニンシュラハイスクール

オリジナルのテニス専用モデルを開発

今回のユニフォームはチームとの共同開発による完全オリジナルのテニス専用モデルです。ベースとなったのは冷却機能に優れたゼロフィット500メッシュシリーズ。年中夏といった気候のカリフォルニアにおいて重要視されたのは、汗処理と体温コントロール。スウィングの運動効率をアップさせるサポート性能に、汗処理等の体温コントロール性能を追求したタンクトップタイプを作成。コンプレッションウェア自体がまだ浸透していないアメリカの高校テニス界でありながら、ゼロフィットの高い伸縮性により、チームの理想とする着心地の良さを実現しました。

ペニンシュラハイスクールとは

ペニンシュラハイスクールは、アメリカ全土でもトップクラスの選手が数多く在籍するカリフォルニアのテニスの名門校。現在、2年間連続無敗記録を更新中の56連勝であり、古くから高校テニス界では別格の強さを誇ります。2名の選手が全国高校オールアメリカンに選出され、うち1名(写真上段右から3番目:Ena Shibahara)はUCLAにスカウトされプロの試合にも参戦する将来を熱望される選手です。また、この2名は2015年の全米注目選手トップ10にも選ばれています。

ペニンシュラハイスクール

チームの今年について

現在のヘッドコーチは過去にミネソタ州のビッグ・テンダブルスチャンピオンに輝いた経歴を持つHoeger。コーチは、チームがすばらしい成績を収めつつも、今年の優勝旗を飾るスペースをまだ用意していません。「ハングリー精神を常にキープし、試合には気合を入れて臨んでほしい」と厳しい姿勢でチームを指導。今シーズンは、チームの2本柱、ShibaharaとPeusの全米・国際遠征が多く、チーム試合への出場数が限られているため、 連勝記録更新のためには、チームの総力アップが必要不可欠だと意気込みを語っています。

戻る