ZEROFIT ゼロフィット

DRYWEAVE ドライウィーブ
速乾冷感 着圧フリーな着心地とストレスから解放する経編シームレス構造。洗練されたメッシュのドライ涼感アンダーでFresh Performance。

PERFORMANCE

  • ドライ
  • 500%伸縮
  • 清涼快適
  • 抗菌防臭

身体各部に最適化したメッシュ構造がドライ効果を発揮。汗や湿気をすばやく吸い上げウェアの外へ発散し、ドライ感をキープ。

ドライ

最大500%もの伸縮性で、締め付け感・圧迫感を軽減。どんなに動いてもストレスなく身体をホールドしパフォーマンスをサポート。

500%伸縮

優れた伸縮性により、常に隙間なく吸汗速乾することで、高い気化熱効果を発揮し、清涼快適な着心地。

清涼快適

Polygieneの銀イオン抗菌防臭加工を採用。ニオイの原因菌を99%制菌し、ニオイを抑えクリーンにキープ。
(財)日本染色協会での抗菌試験で、100回洗濯しても効果が落ちないことが実証済。Bluesign®並びにOeko-Tex®の認証を得ており、人体・環境への安全性が証明されています。

抗菌防臭

TATEAMI TECHNOLOGY

独自の経編(タテアミ)テクノロジーにより、
生地のつなぎ合わせではなく、繊維を複雑な形状に編み上げ無縫製で一体化。
肌・動きにストレスのないシームレスな機能的デザインを実現。

  • インナーメッシュがネック内側をドライにキープ

    伸縮性の高いメッシュ構造が
    締め付けずに、すきまなく身体をホールド

  • 肩まわりに伸縮性をもたらすラインメッシュ

    背中の逆Y字サポートが 肩甲骨を引き寄せ
    肩まわりの動きをサポート

  • 胸の伸縮性と熱気のこもりを抑制

    肌にあたる内側をフラットすることで
    首、肩、腕まわりがストレスなくフィット

ATHLETE

着用アスリートのレビュー

トライアスロンインストラクター 平田 文哉
かなり汗かきなので、上に着ているTシャツやバイクジャージは汗がしたたり落ちるくらい表面が濡れてビショビショになったのですが、 内側は見た目よりもサラッとした感じでべた付き感がなく快適に着ることができました。 レイヤー自体はサラッとしてあまり濡れていないのでTシャツやバイクジャージの上から汗をタオルでふき取るとサラッとするので汗冷えも防げると思います。 山で着用しても効果が期待できそうです。
トライアスロンインストラクター
平田 文哉
陸上中距離(800m)出身、ベストタイムは1分54秒。大学卒業後トライアスロンを始め、アイアンマンシリーズを主に参戦。現在は株式会社オーシャンナビにて主に初心者向けにトライアスロンの指導・練習会を開催。アイアンマンディスタンス(スイム3.9k/バイク180k/ラン42k)ベストタイム9時間9分51秒(2000年アイアンマンランカウイ)、アイアンマン・ハワイ最高順位 総合55位
トレイルライター/プロデューサー/ 奥山 賢治
動きが激しいトレイルランニングでの、 肌とのスレ、汗冷えは極力避けたい。 「DRY WEAVE」はずっと、快適そのもの。 軽く、ソフトなウェアなのにドライ。 汗冷えの心配はいらない。 と言うか、汗冷えを感じない。 吸汗速乾で清涼快適な一枚。 また、抗菌防臭加工で不快感ゼロ。ずっと快適です。 アスリートのコンディションをベストな状態に、 キープしてくれる「DRY WEAVE」。 今年の春夏。 欠かせない1枚となりそうです!!
トレイルライター/プロデューサー/
奥山 賢治
1977年東京都出身。出版社等で編集記者を経て、フリーライターに転身。 トレランをより身近なものにするため、相模原市緑区(旧藤野町)に移住したのち、北丹沢12時間山岳耐久レースをはじめとする年間9大会の運営スタッフに。神奈川県山岳連盟会員。
アスリート 三浦 裕司
トレイルランニングで着用しましたが、先ずはとても軽く着心地がいいことに驚きました。 従来のインナーであるとどうしても胸や背中の加圧感を感じていたのですが、体全体を優しく包み込む感覚がとても心地よいです。 Tシャツからの摩擦やべたつきが全くなく、汗をかいた後も清涼感が快適でした。 真夏の高温化での使用にも適していると思います。
アスリート
三浦 裕司
札幌市内高校物理の教諭であり、ハワイトライアスロンアイアンマンレース、スキーオリエンテーリング世界選手権、山岳スキー世界選手権に参加。現在、北海道で山岳スキーレースやトレイルランで活躍し、アジアカップ韓国山岳スキーレースで7連覇中。チームMAMMUT北海道所属。今大会には2014年に続き、今年も80kmの部で総合3位(8時間42分25秒)だった。
マウンテンプレイヤー 眞舩孝道
夜間の30km走や昼間のトレーニング時にしっかり着用してみました。 福島県の夜間、山岳地帯はまだ気温3℃と冷え込み、インナー着用が保温効果を感じられます。また汗冷えは感じませんでした。 トレイルランニングレースにおいては、レース展開において、フィールド状況に寒暖の差があり、必要なアイテムだと感じています! コンプレッション(締め付け)も、私にはちょうどよいですね!
マウンテンプレイヤー
眞舩 孝道
(まふね・たかみち)幼少より野球少年として過ごし、大学時からフルマラソンに挑戦。 野球から転向後、3年目にしてフルマラソンを2時間26分で走る。大学卒業後、地元福島県に戻り、高校で生徒を指導する傍ら、国体の山岳競技(縦走)と出会う。 山岳競技(縦走)が国体から廃止となると、次なる活動をトレイルランニングへと移行。大学職員として働く傍ら、春夏秋はトレイルランニング、冬はクロスカントリースキー&スノーシューと、オールシーズン、福島県の雄大な自然環境を活かしたマウンテンスポーツ活動を精力的に行なう。「Mountain Player」として、マウンテンライフを発信し続けている。
ノルディックスキー複合選手 渡部 善斗
ドライウィーブの性能は、運動を始めてからが本領発揮してきます。 少し汗をかいて体が動ける状態になる頃に、自分の動きに付いて来てくれるような着感が感じ取れます。 「なんとなく汗ばんできたな。」と思うときでも、張り付きは無く、むしろ動いて風を受ければ受けるほど、それを処理してドンドン快適になっていく感じです。 体の状態に反応して、その時点での環境から来る煩わしさを取り除いてくれるので、より目の前のことに集中しやすいです。 暑い寒いに関わらず、いろんな環境で頼りになる一着だと思いました。
ノルディックスキー複合選手
渡部 善斗
ノルディックスキー複合選手。ソチ五輪ノーマルヒル銀メダリスト、渡部暁斗の実弟。3歳でスキーをはじめ,中学1年で全国中学校スキーノルディック複合で優勝。19年全国高等学校スキーノルディック複合で優勝。21年よりワールドカップに参戦。22年には全国高等学校選抜スキー・国民体育大会(少年組)・全日本ジュニアスキー選手権を制す。23年ワールドカップ・オーストリア大会で8位,25年ワールドカップ・ノルウェー大会で3位入賞。ジャンプを得意とする。26年ソチ冬季五輪のノーマルヒル15位,ラージヒル35位,ラージヒル団体(渡部暁斗・永井秀昭・渡部善斗・湊祐介)で5位入賞。長野県出身。早大卒。

LINEUP

最大500%もの伸縮性で長時間着用しつづけてもストレスなく身体に密着。
締め付け感・圧迫感のない着圧効果でパフォーマンスをサポート。
優れた通気性と毛細管現象で、汗や湿気を発散する吸汗速乾性で常に身体をドライかつ清涼快適にキープ。

  • DRYWEAVE ドライウィーブ スリーブレスクルーネック ブルー
    ドライウィーブ スリーブレスクルーネック
    BLUE
  • DRYWEAVE ドライウィーブ スリーブレスクルーネック ブラック
    ドライウィーブ スリーブレスクルーネック
    BLACK
  • DRYWEAVE ドライウィーブ スリーブレスクルーネック シルバー
    ドライウィーブ スリーブレスクルーネック
    SILVER
ONLINE SHOP